スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーボルト事件のことなんか忘れていました

久しぶりの日記は書評です。

そして、さらに久しぶりの大ヒット作品でした。
これだけ夢中になって読んで、しかも考えさせられた作品は
本当に2年ぶりくらいかもしれない!と思いました。

実際にこの小説が世の中に出て、
大河ドラマにもなって、
それから数年以上が経って
読んだのは2012年。

でも、今欧州にいるからこそ、読んでよかった作品だと痛感です。

シーボルト大先生が日本に見えてから
その娘として生まれた女性についての生涯の記録なのですが、
時代背景の説明や情景の書き方もさることながら、
いやー。
日本が鎖国してたのって、昨日のことみたいなもんじゃん!ということを
改めて痛感させられた作品でした。

それに。
一人の働く女性としての観点もとても面白く、
主人公が時代の先駆者であったことを
いろんなところから感じるのですが、
女であることを忘れず、
そして、それでも強くたくましく・・・
というのを学ばせて頂きました。

久しぶりに美味しい和懐石をフルコースでいただき、
しかも、その食べた場所が、
京都は鴨川の川床だったりなんかしたくらいの満足感でした。

働く女性みんなに読んでもらいたいし、
日本がどういう国かを思い出すのに、
いろんな人に読んでもらいたい作品だと思いました。

ごちそうさまでした。
ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)
(1993/03)
吉村 昭

商品詳細を見る


ふぉん・しいほるとの娘〈下〉 (新潮文庫)ふぉん・しいほるとの娘〈下〉 (新潮文庫)
(1993/03)
吉村 昭

商品詳細を見る


そして・・・。
歴史について、もうちょっとまじめに勉強しておけばよかったと
痛感させられるのでありました。

シーボルト事件なんて、忘れちゃってます。
彼は西洋医学を伝えた人、としか記憶してないのが
またすごいところであります。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【シーボルト事件のこと】

久しぶりの日記は書評です。そして、さらに久しぶりの大ヒット作品でした。これだけ夢中になって読んで、

まとめ【シーボルト事件のこと】

久しぶりの日記は書評です。そして、さらに久しぶりの大ヒット作品でした。これだけ夢中になって読んで、

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜庭 ちえ

Author:桜庭 ちえ
Hola! Guapos!!
こんにちわ、桜庭ちえです。

京都→東京→バルセロナ→東京
そして、現在はパリ在住。

執筆活動、お料理が生活の喜び。
お風呂・温泉も大好き。

愛すべき趣味たち:
知らない国へ出かけること
美味しいレストランやカフェめぐり
バイクに乗って旅すること
ドルフィンスイム、山登り
魔女の絵本集め

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Bienvenidos!ようこそ!
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。