スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心洗われる場所、Musée d'Orsayへ

パリの美術館の中で、最も行きたかったはずなのに
全然行けていなかった場所があります。

それが、Musée d'Orsay。
日本語ではオルセー美術館です。
もともと駅舎兼ホテルだった建物を使った
なんとも美しい美術館です。

駅舎だったことに由来して、
オルセーの大きな時計は、美術館の目印でもあり、
シンボルでもあり、
そして、最も美しい場所でもあります。

ご覧ください。
My best shotです!!
20120501-03

古くからあるローマ数字の伝統的な時計盤。
ちょっとだけ新しくも、古くもあるようなデザインの時計。
その間から、パリ市内を、そして、モンマルトルの丘、
サクレクール寺院を望むことができます。

美しすぎて、圧巻。
いつまでも見ていたいくらい、きれいなきれいな時計の裏側。
そしてパリ市内の風景。

でも・・・
実は結構すごい人だかりです。
ご覧ください。
ほら、ね。
20120501-02

いや、みんながこぞって写真に撮りたくなる気持ちもわかります。
だって、空がきれいなんだもん。
そしてパリの景色が美しくて、
それを時計の裏側から覗くなんて。
まるで時間をさかのぼっていくように
ある日、ある場所から、
現在を眺めているような感覚になります。

それくらい。
美しかったです。

心が洗われました。

ちょうど今はドガの特別展もやっています。
なかなかスゴイ人でしたが、
閉館ぎりぎり直前を狙って行きましたので
なんとか入れました。
20120501-01

パリ市内に美術館は数あれど。
オルセーは特別気に入りました。
なんでしょう。
おいてある絵画や彫刻の魅力もですが、
美術品に負けない美術館の作り、
そしてパリ万博の時代の歴史とその歴史の合間から見るパリの今が
うまく融合されているのが
この場所の魅力だと思います。

旅行でパリにお見えになる方には、是非お勧めしたいなぁ。

Musée d'Orsay
http://www.musee-orsay.fr/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜庭 ちえ

Author:桜庭 ちえ
Hola! Guapos!!
こんにちわ、桜庭ちえです。

京都→東京→バルセロナ→東京
そして、現在はパリ在住。

執筆活動、お料理が生活の喜び。
お風呂・温泉も大好き。

愛すべき趣味たち:
知らない国へ出かけること
美味しいレストランやカフェめぐり
バイクに乗って旅すること
ドルフィンスイム、山登り
魔女の絵本集め

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Bienvenidos!ようこそ!
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。