スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖精に出会う場所、Le Château de Fontainebleau

子どもの頃読んでいた本に出てくる花の妖精が住んでいた場所。
その地名が、長ったらしくて、全然覚えられなかった。
その名前こそ、こちら、Fontainebleau!!
フォンテーヌブローであります。

パリから車で1時間ほど走った距離にある、
大自然に囲まれたお城があるらしい!
っていうか、お城があるとは知らなかった。
(えー!!有名やのに)

と。
知らなかったという事実はお城さんには黙っておいて、
いざ、フォンテーヌブローのお城へ。
ご覧ください。
綺麗な正面ゲートです。
昔、この下でナポレオンが追放の儀式をしたのだと
オーディオガイドが教えてくれました。

お。
このゲート、すごいなぁ。
馬蹄の形(これもオーディオガイド情報)してます。
そうそう、馬蹄って幸運の証というか
魔除けの意味があるのでしたね、欧州では。
まぁ、日本でいうところの、節分のさんまの頭だと
私の中では位置づけられているのでありますが、
古い欧州の家の扉に、
馬蹄の形が飾られていることもよくあります。

ふむふむ。
これは面白い!
20120325-11

お城の中に池というか湖もあります。
キレイやなぁ。
お天気もよくて、この水辺を眺めながら、
ぼーっとしたいなぁという衝動に駆られます。

昔の人は、この水に囲まれた場所まで、
ボードで移動して、夏、涼をとったんですね。
なんて、贅沢。

おそらく、その時代は、そんな素敵な環境を楽しめたのは一部の人だけ。
そういう意味で贅沢だったんでしょうけれど、
今はクーラーやら何やらと便利な中、
これだけの自然に囲まれて、自然のエネルギーで涼めるとしたら
アナログというか、ネイチャーに近いという意味で
贅沢やなぁと感じます。
20120325-07

お城の中はたくさん写真を撮ったのですが、
私の中でベスト3を紹介しようと思います。
あげるときりがないので・・・。

まずこちらは、図書館です。
私、好きみたい!
何がって、図書館とか地球儀がある場所が、です。
この地球儀もナポレオンが置くように命じたのだとか?
あれ、違ったかな?(こらこら)
オーディオガイドさんが教えてくれましたが、
この地球儀も、わざわざ作らせたものなんだとか。

知識の泉、っていう言葉がぴったりの図書館。
この中で過ごしたら、頭の中に知識の妖精が現れるかも。
20120325-08

続いて、王座です。
これは現存する唯一の王座だそうです。
すごー。
本当にビロードの布を使ってたんだなぁと
なんだか変なところで感心。

確かにえらい人が座る椅子っぽい。
子どもの頃、絵本に出てきた絵と同じです。
20120325-09

最後に、なかなか美しい礼拝堂です。
この教会というか礼拝堂で、
数々の婚礼の儀式が行われたのだとか。
あとは洗礼式も。

この礼拝堂一つだけでも、相当価値がある絵画と装飾で
思わず見とれてしまいます。

雰囲気を出すためもあってか、
なぜだか讃美歌のような美しい女性の声が流れていて、
より一層、礼拝堂の雰囲気を
清らかで高貴なものにしておりました。
演出にあっぱれと言いたいくらい。

ホンマに、きれいや。
20120325-10

お城以外にもお庭もありまして、
こちらもまた気持ちよく散歩ができます。

やっぱり水辺って人の心を落ち着かせる効果があるのかな?

こうやって青い空と水のある風景を撮影しているだけで
なんだかマイナスイオンを浴びた気分に。
うん。
庭が広くてきれいって素敵。

それにしても・・・広すぎますが。
20120325-12

ここは私の中では、
ベルサイユ、コンピーニュと比べても、一番気に入った場所です。
人それぞれ好みはありますが、
第一に、お城の中が綺麗に保存されていて、
かなりたくさんのものを見ることができること
第二に庭の作りが広大過ぎず、水辺がきれいだなぁと思えたこと
三番目にはお城の正面の馬蹄型の階段が
本当にきれいな形をしていたこと、
そして最後に人が少ないことです。

というわけで時間がある人にはぜひおすすめしたい場所です。

そういえば、花の妖精には出会えなかったかも?
多分。
森の妖精には会えたと思ったんですが。

Le Château de Fontainebleau
77300 Fontainebleau
Tel: +33(0)1 60 71 50 70
http://www.chateaudefontainebleau.net/accueil2.php
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここ去年いったぞー。 いいところだった。
電車も楽しかったし。
子供がここで転んで顔すりむいた記憶が(笑)

ホントですかー?

電車なんか走ってるんですねー。
知らなかったです。
むー。
プロフィール

桜庭 ちえ

Author:桜庭 ちえ
Hola! Guapos!!
こんにちわ、桜庭ちえです。

京都→東京→バルセロナ→東京
そして、現在はパリ在住。

執筆活動、お料理が生活の喜び。
お風呂・温泉も大好き。

愛すべき趣味たち:
知らない国へ出かけること
美味しいレストランやカフェめぐり
バイクに乗って旅すること
ドルフィンスイム、山登り
魔女の絵本集め

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Bienvenidos!ようこそ!
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。