スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きとこわ、かと思ったら

去年の芥川賞作品だったと記憶してますが、
読後を書いていなかったので、今さらながら、書く。

書評とか見ていても、結構賞賛されていて、
確かに文章がすごいキレイな書き方だなという印象でした。
ストーリーそのものに、実はあまり引き込まれなくて、
散文を読んでいるようなイメージの作品でした。

この作者の人は生まれも育ちも文学一家な方とのこと。
多分、正統派純文学の書き方なんじゃないかと
個人的には信じてやまないのでありました。

同時受賞された作品(苦役列車)のインパクトが強すぎて、
ある意味、比べてられてしまうには、
ちょっと勿体ないかなぁと思ったり。
おそらく、純文学愛好の方には、
こちらの方がいい、という方が多くて、
読み物としての小説が好きな方は、
苦役列車の方を好む傾向じゃないかなと思われます。

それくらい、文章の紡ぎ方が、オトナ。

というわけで、
実際のストーリーに残念ながら入り込めなかったのですが、
綺麗な文章で心を落ち着かせるという作品かな、
と思っております。
きことわきことわ
(2011/01/26)
朝吹 真理子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: パリの街並

おじさん、メッセージありがとう。

写真送るのはOKですが、メールアドレス教えてもらえたら嬉しいです。

ちなみに、今日はアレジア界隈の写真をとってきました。
曇っていたから、あまりいい色じゃないかも。

まぁ、色んな建物があるから、
色々風景も撮って送ります。

真理子
プロフィール

桜庭 ちえ

Author:桜庭 ちえ
Hola! Guapos!!
こんにちわ、桜庭ちえです。

京都→東京→バルセロナ→東京
そして、現在はパリ在住。

執筆活動、お料理が生活の喜び。
お風呂・温泉も大好き。

愛すべき趣味たち:
知らない国へ出かけること
美味しいレストランやカフェめぐり
バイクに乗って旅すること
ドルフィンスイム、山登り
魔女の絵本集め

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Bienvenidos!ようこそ!
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。