スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comida Navidad Especial

年に何度かお邪魔しているスペイン語でのスペイン料理教室。
今回も行ってきました!

クリスマス前ということで、今回のお料理はスペシャルです!
今回作るのは
Sopa de Pescado(魚のスープ)
Solomillo con Cebolla Confitada(牛肉とたまねぎのコンフィ)
Coca Dulce de Chocolate (チョコレートのコカ)
の3品です。

魚のスープは大好きな料理の一つなので本当に楽しみです。

最初に作るのはデザートでもあります、チョコレートのコカです。
コカって要はスペインのピザというかパンなのですが、
薄いパンで、上に甘いものをのせたり、おかずをのせたりして食べるものです。
今回はデザートということで、チョコレートの美味しいコカを作ります。

最初にチョコレートを溶かします。
わぁ、大きいチョコレート!
業務用でたくさん買って作りたいですね。
121801

チョコレートに小麦粉やらお砂糖やらを加えてよく混ぜます。
卵白、バターなども入っていて、
さながらお菓子作りです。

ふんわり混ぜ終わったところで、型に流し込みます。
ふわふわの生地を薄平たく焼くのがコカの特徴でもあります。
121802

チョコレートにはブランデーがよく合います。
なのであらかじめドライプルーンをブランデーにつけておいて、
それを表面に並べます。
ブランデーがなかったらコニャックでもいいそうです。
お酒の旨味もたせるので、ちょっとお酒もかけちゃいます。
このあとオーブンで焼くので、
アルコール分は飛びますので、お酒嫌いの人でも大丈夫です。
121803

オーブンに入れたところで、お魚のスープに取り掛かります。
じゃがいもとトマトの水煮缶詰、にんじんがスープに入ります。
美味しそう!!
そっか、あのスープのとろみはじゃがいもから出ていたのねえと
ちょっと感心したのでありました。
121804

野菜は小さく切っていためます。
炒めて火を通すことで、旨味が増すんですよねぇ。
121805

その間にお魚のアラ、頭やら骨の旨味がつまったところを
水から煮出します。
これで旨味を出して、スープの素にするんですよね。
野菜も旨味を出しますが、その前に、これは、魚のスープなので
そのベースがこちらです。
魚の頭とかアラって安くで売られていて、
とっても美味しいんですよね。
このへん、日本料理に通じるところがありますよね。
私はよく赤出汁を鯛のアラで作ったりします。
121806

このあと魚のだしと野菜をまぜて、ミキサーにかけます。
ミキサーにかけてなめらかになるまで混ぜます。
スペインでよく食べた、魚のスープです。
本当に日本人の口によく合います。

出来上がりはこんな感じです。
素材の味がすべてを決めるので、
簡単ですが、素材選びが大事な一品です!
121812

最後に取り掛かるのが、メインディッシュです。
牛肉のおしゃれなステーキと、たまねぎのコンフィです。

最初にみんなでたまねぎの皮むきをしました。
これ、たまねぎといいますか、ペコロスという小たまねぎですね。
甘くて美味しいんですよね。
さっと1分沸騰させたお湯で湯通ししてから皮をむきます。
おー。すごい。
みんなで皮をむけば、あっという間です。
これをソテーにして、コンフィを作ります。
121807

じゃーん、こちらがSolomillo、つまりサーロインステーキですね。
おいしそー!!
121808

今回はおしゃれなステーキを作るということで、
ほうれん草のチーズ和えも作ります。
贅沢にほうれん草のやわらかい葉の部分だけを使い、
クリームチーズを合えます。
わぁ、贅沢だなぁ・・・フランスのブルサンというチーズを
ふんだんに使っております。
うー。美味しいに決まっています!
121809

フィロ、というフランス料理やギリシャ料理に使われる、
うすーい、小麦ととうもろこしを使った生地で
お肉を包みます。
その上に、さきほど作ったほうれん草のチーズあえを乗せます。
これをまた、オーブンでパリッとするまで焼き上げます。
121810

焼いている間は、みんなでマッシュポテト作りです。
じゃがいもにナツメグやらを加えて味をつけます。
121811

完成!!
おしゃれですねー。
さすがクリスマスの一皿です。
121813

今日のメニューが並びました。
魚介のスープとメインのお肉が並びます。
本当に美味しそうです。
クリスマスの素敵なテーブルです。
121814

ちなみに、デザートはこんな感じです。
美味しかったぁぁ!
121815

おなかいっぱいです。

今年もお世話になりました。
大好きなお料理教室です。
スペイン料理、ポルトガル料理だとか
世界のお料理に興味がある方、
是非たずねてみてください!
minamo kitchen
スポンサーサイト

Para 33 hombres mineros - Mensaje desde Japon

ボランティアで参加したチリへのメッセージビデオ。
いろんな人の手を借りて完成したそうです。
完成品をYouTubeにのせたとの連絡をいただいたので
ホームページにのせてみることにしました。

すごいなぁー。
たくさんの人が集まると、
こんなに素敵なこともできるんだなぁと思わされました。

最後のエンドロールに自分の名前が出てきたのも、
ちょっと感動(笑)

見てみてください!





スペインBarでMARUっ!

スペインBarも数ありますが・・・
本日は八丁堀のワイン屋さんがやっているお店です。
2階が立ち飲みBarで3階がレストラン風のBarになっています。
大人気で予約を取るのも大変なお店の一つです。

人気の秘密は、ワインのお店(1階の)で取り扱っているワインが
+500円でお店で飲める!という安さにあります。
もちろんお料理もよかったです。

スペインといえば、イベリコハム。
ハモンイベリコベジョータです。
070204

私の大好物。レバーパテです。
おしゃれな入れ物に入ってます。
バターがのっていますが、中にはぎっしりと鶏レバーのパテが入ってます。
本当、ワインに合うんです、これ。
070201

野菜はイタリアンな感じですが、バーニャカウダを頂きました。
070202

海老(ガンバス)のアラプランチャ。
つまり、オリーブオイル炒めです。
070200

スペインBarで必ず食べるのがこちら。
ガンバスアヒージョと言いまして、小エビのオリーブオイル煮です。
オリーブ下りるにはニンニクと塩が一緒に入っているので
パンをつけてオイルも食べてしまいます。
070203

かなりおなかイッパイ、ワインも豊富で
楽しく飲めますので、是非行ってください。
連れて行って下さったNさんに感謝!
maru(3階)

Una Fiesta de Coca(訳:コカでパーティを)

季節に1度お邪魔しているスペイン料理教室に行ってきました。

今回は大好きな“コカ”を作ります。
コカって、本当に色々な味、タイプがあるので
地方や家によっても違う、、、スペイン風のピザパンみたいなものです。

全部で9名くらいいたので、
生地も巨大!すっごく大きいコカができあがる予感です。
042503

コカだけじゃつまらない、ということで、
タパス(おつまみ)には、
マッシュルームのニンニク炒め。
042504

それから、タコとじゃがいもの冷製オリーブオイル和え。
テーブルにならべるとこんな感じです。
コカはトマトベースのところと、オニオンをいためただけのところと、
2種類楽しめるようにソースを盛り分けて焼いてあります。
オニオンだけのところは、シンプルで、ほんのり甘いので
魚やお肉料理にもぴったり合いそうです。
042506eight="300" />

コカを切るとこんな感じです。
パンとピザの合いの子のイメージです。
042505

デザートには、スペイン人が好きそうな味がする、
その名も“レチェ・フリータ”です。
簡単に説明しますと、カスタードプディングをフライにして、
シナモンパウダーをかけたお菓子です。
あまくて、おいしい。
042504

季節に1度、こうやってスペインを思い出せる機会に恵まれて、
私は幸せ者です。はい。

Comida Gallega(訳:ガリシア地方の料理たち)

本日は久しぶりに行く、スペイン料理の会です。
お料理を教わるんですが、実際に作るというよりは
シェフのデモを見て、色々話を聞くというのが正しいです。

出来立てのご飯をみんなで囲んで試食できちゃったりします。
ワインもついてくるので、
なんかパーティに行ってるみたいなイメージです(笑)

本日のメニューは、
・エンパナーダ(パイみたいなものです)
・タコのガリシア風
・ピンチョス
・アロッスコンレチェ(ライスプディングみたいな感じ)
でした。

エンパナーダの作り方を簡単に追いかけますと、
まずは生地作り。
でも、前の日にやってねかせておくのがポイントだそうです。
やっぱりグルメなガリシア料理は
時間がかかるのね。
0221-1

こちらはパイ生地のようなパン生地といいますか・・・
ようは中に入れる具ですね。
今日はアサリが入っております。
0221-2

オーブンへ入れて焼きます。
0221-3

焼き上がり。
0221-4

冷めてから切らないと、綺麗に切れないそうです。
なんか、熱々を食べるのかと思っていましたけど、
そうではないようです。
0221-8

続いて、タコ。
タコは日本では熱湯で数分ゆでで終わりなんですが、
さらにそれを冷凍し、45分くらいかけて
ゆっくり熱湯で煮込むと、やわらかーくなるそうです。
オリーブオイルをかけて、ちょこっとオーブンであっためて頂きます。
0221-6

ピンチョスはお好きなものを串にさします。
今日はオリーブと、唐辛子の酢漬けです。
懐かしい味がしました。
0221-7

デザートの、アロッスコンレチェ。
苦手だったんですが、これは食べることができました。
お米が甘い、って、、、やっぱり抵抗あります。
私はね。
0221-5

最後に、先生のスペシャルサプラーイズ!
サングリアのケーキだそうです。
レシピは秘密だそうですので、
私の想像ですが・・・
ケーキのスポンジの代わりに食パンを使っていて、
食パンにサングリアを浸して、作っているような気がしました。
生クリームとココナッツの相性も抜群でした。
0221-9

あーあ。
おなかいっぱい。
ご馳走様でした。
プロフィール

桜庭 ちえ

Author:桜庭 ちえ
Hola! Guapos!!
こんにちわ、桜庭ちえです。

京都→東京→バルセロナ→東京
そして、現在はパリ在住。

執筆活動、お料理が生活の喜び。
お風呂・温泉も大好き。

愛すべき趣味たち:
知らない国へ出かけること
美味しいレストランやカフェめぐり
バイクに乗って旅すること
ドルフィンスイム、山登り
魔女の絵本集め

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Bienvenidos!ようこそ!
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。