スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Meet Violin...

お久しぶりの日記です。

興奮さめやらぬうちに、書いておくべきかと思ったので書くことに。
先日、はじめてバイオリンに触れました。
今回パリに住み始めた時から、ずっとやりたかったこと。
それがバイオリンでした。

ただパリでは時間がなくて、結局・・・約2年越しで
ウィーンに来て始めることとなりました。
楽器も知人から借り受けることができ、
先生も見つかって、なんとか、とりあえず初めの第一歩を踏み出しました。

とはいえ。
まだ弓を弾いて練習もしてませんが・・・。

留学でウィーンに来ている学生さんにバイトで教わろう、というくらいの気持ちだったのですが、
やってきた先生は本物の先生でした!!!!
バイオリンを教えて、バイオリンを弾くことを職業にしている人で
教え方もですが・・・いや、楽しい授業でありました。

バイオリンを弾いている姿を、はじめて間近で見ました。
こんな風に弾いているんだな、というのをはじめて理解。
っていうか、馬の毛で音を出すなんて、誰が考えたんですかね、一体。
いや、まず、その弾いている姿そのものに感動しました。

それから、先生の首のところにあざがあるのを見つけました。
いや、これは音楽で生きている証だわ。
私もドラマーですので、マッチドグリップじゃなくてレギュラーグリップをやっているとき、
水かきがすり減っていたので、体の変化みたいなものは理解できます。
なので、この人は、本当にバイオリンとともに人生を歩いているんだな、ということを
彼の姿から感じることができたのも事実でした。

そんなわけで、良い先生に巡り合ったんじゃないかと思われます。

うちの子です。
20130217-01

長く続けられる趣味になるといいな、と思いながら、
記念に日記を書いてみました。

バイオリンさん、よろしくです。
スポンサーサイト

シーボルト事件のことなんか忘れていました

久しぶりの日記は書評です。

そして、さらに久しぶりの大ヒット作品でした。
これだけ夢中になって読んで、しかも考えさせられた作品は
本当に2年ぶりくらいかもしれない!と思いました。

実際にこの小説が世の中に出て、
大河ドラマにもなって、
それから数年以上が経って
読んだのは2012年。

でも、今欧州にいるからこそ、読んでよかった作品だと痛感です。

シーボルト大先生が日本に見えてから
その娘として生まれた女性についての生涯の記録なのですが、
時代背景の説明や情景の書き方もさることながら、
いやー。
日本が鎖国してたのって、昨日のことみたいなもんじゃん!ということを
改めて痛感させられた作品でした。

それに。
一人の働く女性としての観点もとても面白く、
主人公が時代の先駆者であったことを
いろんなところから感じるのですが、
女であることを忘れず、
そして、それでも強くたくましく・・・
というのを学ばせて頂きました。

久しぶりに美味しい和懐石をフルコースでいただき、
しかも、その食べた場所が、
京都は鴨川の川床だったりなんかしたくらいの満足感でした。

働く女性みんなに読んでもらいたいし、
日本がどういう国かを思い出すのに、
いろんな人に読んでもらいたい作品だと思いました。

ごちそうさまでした。
ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)
(1993/03)
吉村 昭

商品詳細を見る


ふぉん・しいほるとの娘〈下〉 (新潮文庫)ふぉん・しいほるとの娘〈下〉 (新潮文庫)
(1993/03)
吉村 昭

商品詳細を見る


そして・・・。
歴史について、もうちょっとまじめに勉強しておけばよかったと
痛感させられるのでありました。

シーボルト事件なんて、忘れちゃってます。
彼は西洋医学を伝えた人、としか記憶してないのが
またすごいところであります。


欧州在住3カ国目、オーストリアへ

ウィーンに到着しました。

と。

気が付けば1週間が過ぎましたが、
まだ引っ越しもできておらず
落ち着きません。

ヨーロッパにはよくある習慣ですが、バカンス中に、
家を貸し出す(もしくは借りる)というのが一般的で
今は、そんな感じの家に仮住まいしています。

インターネットもなくて、家の中も寒いので
早くお引越ししたいです。

思い返すと。
まさかまさか、欧州3カ国目の住居です。
うーん。
最初にスペインに行くと決まった時は、
え、スペインってどこですか?
何で有名な国?
バルセロナって何?カタランって何??
という感じだったのは今でも鮮明な記憶。
もう7年も前の出来事です。

今こうして、元気に見知らぬ国で生活が送れるのも、
いつも私を支えてくれている人たちのおかげだなぁと
改めて思います。
皆様、ありがとうございます!!

特に、知らない国で一人で生活をしていると
いろんな意味で、助けてもらえる人がいることのありがたさ、
大切さや、その重要性を思い知るのです。

ウィーンで何が待ち構えているのか、
本当にこれから。
ワクワクする気持ちと、一方で不安もたくさんありますが
大丈夫!!
私を支えてくださる皆様と一緒なので、
これからもきっと楽しいと思います。

そんなわけで、まだパリで書ききっていない記事もあるので
ぼちぼち・・・書きます。

魔法の靴

これまで人生で自分で買ったこともなければ
履いたこともないもの。

それがずばり、ハイヒールです。

ハイヒールといえば・・・
都内のおしゃれなオフィスで働いている人。
キャビンアテンダントの人。
モデルさん。
と。
つまり、女の人の中でも、
相当おしゃれな人たちが履いているものだというのが
私の認識でした。

つまり。
私自身を見返してみますと、
普段パンツが中心のスタイル
基本的にお化粧もシンプル
無駄なものは持たない主義
・・・という観点から、
一生買うことはないと思うモノの一つでありました。

ところが。
20120503

えー。
なに、これー。
つまり。
3足も、シンデレラの靴のように
私の手元にやって来たのです。

いや、やって来たんじゃなくて、
呼んじゃったのかな。

ということで。
私はChristian Louboutinに出会ってしまいました。
なんだろう!?
なぜでしょう。
何やら、新しい扉が開かれる予感です。

というわけで、魔法の靴が私をどこかへ連れて行ってくれそうなので
みなさんにもそんな魔法をおすそ分けです。

近いうちに。
このハイヒールをテーマにした作品が仕上がると思われます。

ふむ。

それにしても、見ているだけで幸せになる魔法の靴って、
素敵すぎますよね!?

心洗われる場所、Musée d'Orsayへ

パリの美術館の中で、最も行きたかったはずなのに
全然行けていなかった場所があります。

それが、Musée d'Orsay。
日本語ではオルセー美術館です。
もともと駅舎兼ホテルだった建物を使った
なんとも美しい美術館です。

駅舎だったことに由来して、
オルセーの大きな時計は、美術館の目印でもあり、
シンボルでもあり、
そして、最も美しい場所でもあります。

ご覧ください。
My best shotです!!
20120501-03

古くからあるローマ数字の伝統的な時計盤。
ちょっとだけ新しくも、古くもあるようなデザインの時計。
その間から、パリ市内を、そして、モンマルトルの丘、
サクレクール寺院を望むことができます。

美しすぎて、圧巻。
いつまでも見ていたいくらい、きれいなきれいな時計の裏側。
そしてパリ市内の風景。

でも・・・
実は結構すごい人だかりです。
ご覧ください。
ほら、ね。
20120501-02

いや、みんながこぞって写真に撮りたくなる気持ちもわかります。
だって、空がきれいなんだもん。
そしてパリの景色が美しくて、
それを時計の裏側から覗くなんて。
まるで時間をさかのぼっていくように
ある日、ある場所から、
現在を眺めているような感覚になります。

それくらい。
美しかったです。

心が洗われました。

ちょうど今はドガの特別展もやっています。
なかなかスゴイ人でしたが、
閉館ぎりぎり直前を狙って行きましたので
なんとか入れました。
20120501-01

パリ市内に美術館は数あれど。
オルセーは特別気に入りました。
なんでしょう。
おいてある絵画や彫刻の魅力もですが、
美術品に負けない美術館の作り、
そしてパリ万博の時代の歴史とその歴史の合間から見るパリの今が
うまく融合されているのが
この場所の魅力だと思います。

旅行でパリにお見えになる方には、是非お勧めしたいなぁ。

Musée d'Orsay
http://www.musee-orsay.fr/
プロフィール

桜庭 ちえ

Author:桜庭 ちえ
Hola! Guapos!!
こんにちわ、桜庭ちえです。

京都→東京→バルセロナ→東京
そして、現在はパリ在住。

執筆活動、お料理が生活の喜び。
お風呂・温泉も大好き。

愛すべき趣味たち:
知らない国へ出かけること
美味しいレストランやカフェめぐり
バイクに乗って旅すること
ドルフィンスイム、山登り
魔女の絵本集め

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Bienvenidos!ようこそ!
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。